ご祝儀や服装はどうすれば?1.5次会について

こんにちは。かえるです。

1.5次会という結婚式のスタイルをご存知でしょうか?
最近増えてきたために1.5次会にお呼ばれした方も多いと思います。

「1.5次会の場合の服装はどうすれば…」
「1.5次会はご祝儀は無しでもいいの?」
と、まだまだ浸透していない1.5次会について今回はお話します。

 

1.5次会とは


通常の披露宴よりカジュアルな形として行うのが1.5次会です。
結婚式は親族の関係で居住している場所より遠くで挙げた方が、友人を呼ぶために行ったり、海外ウェディングを挙げた新郎新婦が行うことが多いです。
披露宴との違いはフォーマルな形式ではなく会費制であることが大きな特徴です。
食事の内容もコースではなくビュッフェスタイルだったりすることも多いです。
内容も披露宴よりゲストとの時間をゆっくり過ごす内容です。途中でお色直し入場をする披露宴と違い、新郎新婦が入場してからずっと会場にいることもあります。

披露宴・2次会と行う場合は「結婚式披露宴に合わせたご祝儀、2次会に会費」とゲストが当日負担する金額があります。
披露宴と2次会を合わせた1.5次会は会費制のみの負担となりますので、より幅広いゲストを呼ぶことができます。
その分新郎新婦も披露宴よりは金額の負担が少なく行うことができるのが1.5次会のメリットと言えます。

 

会費以外にご祝儀は必要なのか


基本的に会費を新郎新婦から提示される1.5次会にはご祝儀は必要ではないです。
もし近しい友人で会費だけでなくお祝いの気持ちを伝えたい方は会費の他にプレゼントを贈ると良いと思います。

ごくまれに「1.5次会 」と謳っておきながら、会費制ではない場合もあるそうです。
もし会費が提示されていないのでしたら、通常の披露宴と同じご祝儀をお渡しするのが良いらしいです。

ご祝儀についてはこちらから

 

服装はどうすれば良いのか


1.5次会の服装は披露宴よりはカジュアルで良いと言われています。
しかし、結婚式の内容であるためにドレスアップが良いかと思われます。

ただし、1.5次会は様々なケースがあります。
2次会に近い内容だったりすることもあります。
少し悩んだ場合は、他に参加するゲストや新郎新婦に確認して服装を決めると良いです。

 

まとめ


今回は1.5次会についてお話しました。
大分浸透はしてきましたが、いざ呼ばれるとご祝儀や服装に困るのが1.5次会だと思います。

定義が曖昧ですので、内容を確認して当日出席できると良いと思います。

かえる