両家の顔合わせです。結婚式での親族紹介の進め方と内容について

こんにちは。かえるです。

結婚式は親族が集まる大切な場でもあります。
様々なイベントがありますが、親族のイベントでは親族紹介というものがあります。

どのように進めていくのか、どのように紹介するのかそんな親族紹介についてお話します。

 

親族紹介とは


結婚式の日に新郎新婦の親族をお互いに紹介しあうものです。
結婚式の開始前や結婚式と披露宴の間の時間に行うことが多いです。

昔ながらの形式として行うために血縁の濃い順で男性側から先に紹介されるようになっています。
新郎新婦が同席するかどうかは親族に相談して自分たちで決めることができます。

 

親族紹介の仕方


親族紹介では代表者形式と自己紹介形式と2つの方法があります。

代表者形式は親族の代表が全員を紹介する方法です。
自己紹介形式は一人一人自分で名乗っていく方法です。

どちらにするかは事前に親族と相談しておくと良いです。

 

親族紹介のすすめ方


スタッフが親族紹介をする部屋へと案内します。
この時にまだ到着していない方がいたらスタッフに一声かけると良いです。

親族全員が揃ったら、スタッフや司会者が親族紹介開始の挨拶をします。
その後、新郎側の親族から親族紹介となります。
新郎側が終了したら、次は新婦側の親族紹介が行われ、無事親族紹介終了となります。

 

親族紹介での挨拶


親族紹介でのあいさつは新郎新婦との関係で紹介します。
紹介の際は敬称はつけません。
代表者形式の場合、新郎からみて叔父さんの場合は「新郎の叔父の○○です」という形で紹介していきます。
紹介された人は「叔父の○○です。よろしくお願いします。」と一言挨拶をしてお辞儀をします。

代表者は親族全員の間柄とフルネームを言わなければならないので、事前にカンペを用意しておくことをおすすめします。

自己紹介形式の場合は自分自身での挨拶となります。
家族ごとで紹介をすることもあります。
その場合はその家族の父親が自分の家族全員を紹介します。

全員の紹介が終了したら、スタッフから結びの挨拶があります。
その後、会場によっては昆布茶やお菓子が出されることもあります。
結婚式や披露宴までのゆっくりとした時間となります。
もし時間に余裕がありそうならこの時間を利用して写真などを撮っておくのも良いかもしれません。

会場に地域によって内容が違うこともありますが、大まかにはこのような流れとなります。

 

まとめ


今回は結婚式での親族紹介についてお話しました。

・新郎新婦の同席は自分たちで決めることができる。
・代表者形式と自己紹介形式があるので、事前に確認。
・代表者は親族の間柄とフルネームのカンペを用意しておくと良い。

親戚となる両家の顔合わせですので、上手く行えると良いと思います。

かえる