当日に慌てない為に! ご祝儀の基本的なマナー

こんにちは。かえるです。

今回は結婚式のご祝儀についてお話します。

結婚式のご祝儀とは


新郎新婦に対してお祝いの気持ちを込めて包むお金のことです。
披露宴当日の受付の時に渡します。
渡す時にはご祝儀袋を使用するのが基本となっています。

どれくらいの金額を包むものなの?


例①友人・仕事関係として出席
3万円

例②新郎新婦の親戚
3万円〜10万円

例③夫婦で出席
2人で5万円
親しい関係だったら7万円

例④家族で出席
夫婦のご祝儀+子ども1人辺り、2万円〜3万円

基本的には1人3万円であることが多いようです。
金額も「割切れない数字」であることが大切です。

夫婦で招待された場合は3×2=6万円となる為、それに近い5万円か7万円が良いらしいです。
また家族で招待された場合は夫婦のご祝儀+子どものご祝儀となります。
子どもは1人2万円〜3万円ですが、こちらは子どもの年齢によって決めると良いです。
一般的な大人扱いとなる、中学生以降は3万円が妥当だと思います。

特殊なのは8万円の場合で、8という数字は末広がりの意味もあり、偶数ですが問題ないです。

また経済的に厳しい方は2万円を1万円札2枚と5千円札1枚入れるという方法もあります。

これだけは押さえておきたいご祝儀のポイント


お札は新札を用意する
銀行に行けば新しいお札に替えてもらえます。
結婚式は土日祝日に行うことが多いので当日慌てないように確実に用意しておきましょう。

名前は毛筆もしくは筆ペンで書く
濃い黒を使い楷書で書きましょう。
ボールペンや万年筆はNGです。

表書きは3人までとする
連名の場合、ご祝儀袋に名前を書くのは3人までです。
4人以上の場合は代表の名前を書き、その左に「外一同」と書きます。
そして別の紙に全員の氏名を書いて中袋の中に入れるようにしましょう。

当日ビデオ撮影する時に注意した方が良いこと


ご祝儀を渡すのは受付の時間となっています。
ゲストとして参加している場合は込み合う前に自分が先に受付を済ませておきましょう。
受付の撮影についてはこちらから

またご祝儀を渡している雰囲気を撮るのは良いのですが、失礼にあたるため、あまり手元をアップにするのは控えた方が良いと思います。

まとめ


今回は結婚式のご祝儀についてのお話をしました。
金額も新郎新婦との関係性で変わってくるのが分かりましたね。

マナーを押さえてスマートにこなしたいですね。

かえる