種類豊富!披露宴でのテーブルラウンドのイベントについて

こんにちは。かえるです。

今回は披露宴でのテーブルラウンドについてお話します。

テーブルラウンドとは


お色直し再入場の際にゲストのテーブルを回って行うイベントのことです。
有名なのは各テーブルのキャンドルに新郎新婦が火を灯す、キャンドルサービスがあります。

テーブルラウンドは新郎新婦が直接ゲストと触れ合える演出となっています。
その為にできることなら進行に入れておくことをオススメします。

どのような種類があるのか


キャンドルサービス
定番中の定番です。
各テーブルに置かれたキャンドルに火を灯すセレモニーです。
最近ではキャンドルが花火となっていたり、新郎新婦が合図をすると一斉に火がつくキャンドルだったり、多種多様となっています。

キャンドルリレー
ゲスト1人1人に小さなキャンドルが用意してあり、それに新郎新婦が火を付け、その火をまた隣の人に回していく…という演出です。
全員のキャンドルに火がついたらそれを一斉に吹き消します。
一斉に火を消すことで願いが叶うと言われているセレモニーです。

テーブル毎のケーキ入刀
各テーブルに小さめのウェルカムケーキを置き、ゲストにトッピングをしてもらいます。
新郎新婦がテーブル毎にウェルカムケーキ入刀を行います。

ビールサーブ
新郎が生ビールサーバーを背負って、各テーブルにビールを注ぎに行く演出です。
この時に新婦はおつまみやギフトを配ることもあります。

果実酒作り
新郎新婦が果実酒を作るビンを持ってゲストに果実を入れてもらう演出です。
何日か後には実際飲むこともできるので、お酒好きな新郎新婦にオススメです。

テーブルフォト
各テーブルでゲストとともに写真を撮るイベントです。
他のセレモニーと一緒に行うこともあります。
写真を撮る際にフォトプロップス等を使用するのも楽しい写真が撮れると思います。

バルーンスパーク
各テーブルに風船を浮かべ、それを新郎新婦が割って周る演出です。
中に小さなバルーンを仕込んでおくこともできます。
小さなバルーンの中に1つだけ当たりを作って、それを取ったゲストにはプレゼントを渡すという演出も良いですね。

鏡開き
和装での再入場でよくみる演出です。
各テーブルに小さめの鏡開き用樽酒を用意してそれを新郎新婦が割って周ります。
中にはお酒だけでなく、お菓子等のギフトを仕込んでおくこともあります。

やらなくてはいけない演出なのか


予算的な問題や、歓談時間を長くとりたい新郎新婦のなかにはテーブルラウンドセレモニーを行わない新郎新婦もいます。

その場合でももし写真をプロのカメラマンに頼んでいる場合はテーブルフォトだけでもやれると良いかと思います。
全員集合写真や、各自のゲストとの写真はよくありますが、テーブル毎での写真はなかなか撮れないからです。
テーブルフォトを頼むと別料金がかかることもありますので、予算の都合で考えると良いと思います。
もし興味のある演出があれば積極的に検討しておくと良いですね。

テーブルラウンドの際のビデオ撮影注意点


動きが多いく、激しいです。
また、キャンドルに火をつける時やバルーンを割る時は一瞬です。
新郎新婦より常に先回りして撮影すると良いです。
また新郎新婦を誘導しているスタッフが次にどのテーブルに向かわせようとしているのか注意が必要です。

テーブルフォトでは写真を撮った瞬間だけでなく、ゲストとワイワイとしている様子が撮影できると良いと思います。

まとめ


今回は披露宴でのテーブルラウンドについてお話ししました。

大切なセレモニーの一つですので、じっくり検討して何をしたいか選択できると良いですね。