給料3か月分って本当?結婚指輪と婚約指輪についてとその違い。

こんにちは。かえる(@camerakaeru )です。

結婚式で指輪交換をすることを知っている方は多いと思います。

しかし、結婚指輪と婚約指輪がどう違うのか勘違いしている方も多いです。
僕もこの仕事を始めるまでは全く知りませんでした。

今回はそんな結婚指輪と婚約指輪の違いについてお話します。


結婚指輪だけ購入する方も多いようですね。

結婚指輪とは

結婚式の際に新郎新婦が交換する指輪の事です。

別名マリッジリングとも言い、結婚後に常につけておきます。
自分が既婚者であるとの証でもあります。

結婚指輪の料金は2人分で、10万~30万円程度が一般的です。
常に身につけるものなので、どのようなデザインを選ぶかも大切です。

どの種類の挙式でも指輪交換は行うために結婚式の進行を考えるころに購入することが多いと思います。


ずっと身に着けるものなので、シンプルなデザインを選ぶ方が多いです。

婚約指輪とは

プロポーズなどでサプライズとして贈られることが多い指輪です。
結婚の約束を記念して贈るためにダイヤモンドの指輪を選ぶ事が多いです。

「給料の3か月分」と言われる婚約指輪ですが、このフレーズは1970年代にダイヤモンドを販売している会社が販売促進のために使うようになったフレーズのようです。

大半の新郎新婦は20万~50万円くらいのものを購入することが多いみたいです。

婚約指輪は別名エンゲージリングと呼ばれています。

結婚式で婚約指輪をつけるのは可能か

たまに婚約指輪をつけて結婚式を行う新郎新婦もいます。
その場合は先に婚約指輪を右手の薬指にはめ、挙式の時に結婚指輪を左手の薬指にはめる方が多いです。

婚約指輪は外側に付けることとなっていますので、挙式中は婚約指輪は外すことが多いです。

結婚式中に婚約指輪もはめたい方は、挙式後に改めてはめることになります。

 

まとめ

今回は結婚指輪と婚約指輪の違いについてお話ししました。

・結婚指輪は結婚式の時に2人が交換する指輪、料金は2人分で10万~30万円程度
・婚約指輪はプロポーズで贈られる指輪、料金は20万~50万円程度
・結婚式当日に婚約指輪をする新郎新婦もいる

一生に一度の指輪ですので、よく考えて選びたいですね。

結婚式当日にプロポーズを行う新郎もいます。こちらの記事も参考までにどうぞ。

新郎から新婦へのサプライズ!結婚式でプロポーズするタイミング

2017年10月11日