自分達らしいウェディングを。結婚式会場の種類。

こんにちは。かえるです。

今回は結婚式会場の種類についてお話します。

専門式場ウェディング


結婚式場でのウェディングのことです。
メイク室、受付、挙式会場、披露宴会場とすべてが一緒の建物内であることが多いです。
挙式会場もチャペル・神殿と併設されていることが多く、とても便利です。
ハウスウェディングのように1軒貸し切りの場所もあります。
中のスタッフもウェディングに特化したプロであるために当日までの打ち合わせや、当日の進行もスムーズに行われます。

ホテルウェディング


接客専門のスタッフがそろっているため、幅広い年齢層のゲストを招待するのに向いています。
会場内のウェディングに使用する設備もしっかりしているので、安心して挙式・披露宴を行うことができます。
こちらの挙式会場もチャペル・神殿と併設されていることが多いです。
宿泊施設があるために、遠方のゲストのもとても便利だと思います。
大広間もあるので、100人以上の大人数のゲストでも安心して披露宴を行えます。

ハウスウェディング


邸宅や一軒家レストランを貸し切って挙式・披露宴を行うウェディングです。
建物内にチャペルが併設されているので、チャペル式や人前式を行うことが多いです。
ガーデンが広めでプールが併設されていることがあるので、ガーデンセレモニーには向いているウェディングです。
また、貸切となるので、アットホームな雰囲気のウェディングになります。

レストランウェディング


通常レストランとして営業している会場もウェディングを行っていることがあります。
料理を充実させたい新郎新婦にはぴったりのウェディングになると思います。
反面、普段はレストランとして営業しているためにチャペルやメイク室用の控室がない場合も多いです。
会場のスタッフも料理関係やサービススタッフ以外は外部業者であることが多いです。

まとめ


今回は結婚式会場の種類についてお話ししました。

どのような会場もメリット・デメリットがある為に少しでも自分たちの要望に答えてもらえる会場が選べられると良いですね。

かえる