披露宴はどのような流れで進んでいくの?披露宴でのタイムスケジュール

こんにちは。かえるです。

以前、結婚式1日の全体の流れのお話をしました。
今回は披露宴のタイムスケジュールの詳細を記載します。

今回は15:00披露宴開始としました。
披露宴は特に内容にばらつきがありますので、ここでの内容は1例として見てください。

 

15:00(披露宴開始)
オープニングムービー上映

オープニングムービーを用意してある場合は新郎新婦入場前に上映します。
上映時間は2分~5分程度です。

 

15:05
新郎新婦入場

新郎新婦が入場していよいよ披露宴が始まります。

 

15:05
ウェルカムスピーチ

新郎新婦によるウェルカムスピーチです。
1分~2分くらいが目安となっています。

 

15:10
主賓挨拶

主賓挨拶は5分程度の時間を設けられています。
今回の表記では2人分いる計算で記入しました。

 

15:20
乾杯準備

乾杯準備中にプロフィール紹介を司会者から言います。

 

15:25
乾杯発声

乾杯発声をしてお食事がスタートします。
僕の経験上では披露宴での純粋な食事時間(食事が始まってから、すべてのメニューを食べ終わるまで)は1時間30分くらいの会場が多いです。

 

15:30
歓談

お食事が始まったら歓談時間となります。
もし自由に動ける会場でしたら、この時間を利用してゲストとの写真撮影をすると良いです。

 

15:40
ウェディングケーキ入刀

前半の1番のイベントであるウェディングケーキ入刀です。
以外とすぐ終了してしまうので、たくさんの写真やビデオが撮れるようにしたいですね。

 

15:50
友人スピーチ

友人スピーチを頼んだ場合は披露宴の前半か後半に1人5分程度の時間が設けられます。
今回は前半に2人がスピーチしたものとして記入しました。

 

16:00
新郎新婦お色直し中座

新郎新婦の中座では2人で歩くだけでなく、ゲストと一緒に中座することもできます。
もし感謝の気持ちを伝えたい方がいたら、一緒に中座することをおすすめします。

 

16:10
生い立ちムービー上映

生い立ちムービーは新郎新婦が中座中に上映されることが多いです。
もし自分たちも一緒に観たいと考えている場合は担当プランナーに相談してみましょう。

 

16:20
お色直し再入場・テーブルサービス

お色直し再入場後にキャンドルサービスなどのテーブルサービスを行います。
この時にテーブル毎での写真タイムを行うこともあります。

 

16:40
ゲスト余興

友人に余興を頼んだ場合は大抵披露宴後半に行われることが多いです。
余興は友人の負担になるために、頼まずにその分歓談時間をしっかりととる新郎新婦も多いです。
余興の時間は5分~10分くらいが目安となっています。

 

16:50
歓談(デザートビュッフェなど)

披露宴での最後の歓談時間となります。
この時間を利用してデザートビュッフェを行うこともあります。
せっかくの歓談時間ですので、ゲストとたくさん写真やビデオを撮りましょう。

 

17:00
新婦お手紙・両家花束贈呈

新婦から両親へのお手紙と両家への花束贈呈です。
最近では新郎が両親へ向けての手紙を読むことも増えました。

両親への贈呈は花束以外の記念品も良いと思います。

 

17:05
両家代表謝辞

両家代表の謝辞は新郎のお父様が行います。
ただし、近年では古い決まりにとらわれずに、両家代表謝辞を行わなかったり、新婦のお父様が行ったりと内容も変化してきました。

 

17:10
新郎新婦挨拶

新郎新婦による挨拶です。
ほとんどの方が新郎が読むようにしています。
こちらもあがり症の新郎の代わって新婦が読んだりしているのを見る機会が増えました。
とは言っても年に1度くらいでほぼ新郎が読むことが多いです。

 

17:15
新郎新婦・両家両親退場・エンドロール上映

新郎新婦、両家両親が退場した後にエンドロールが上映されて披露宴もお開きとなります。
この後に新郎新婦、両家両親でゲストを送賓します。

 

まとめ

今回は披露宴のタイムスケジュールについてお話しました。
これから披露宴を計画している新郎新婦の参考になればうれしいです。

実際は地域、会場で内容も全く変わってくるので、事前確認が必要です。

披露宴の時間はあっと言う間に過ぎてしまいます。
少しでも自分たちの行いたいイベントを入れるように計画できると良いですね。

また、歓談時間は限られているので、可能ならゲストとお話しできると良いと思います。

かえる