ファーストバイトなどのケーキ食べさせあいのイベントについて

こんにちは。かえるです。

披露宴で行われる演出で最も有名なものはウェディンケーキ入刀ではないでしょうか。
披露宴での演出で真っ先に浮かぶ方も多いと思います。

ウェディングケーキ入刀も大切なセレモニーですが、その後のファーストバイトを始めとするウェディングケーキを食べさせあうイベントにもたくさんの種類があることはご存知でしょうか?

今回はウェディングケーキ入刀後に行うケーキの食べさせあいのイベントについてお話します。

ファーストバイト

ウェディングケーキ入刀後の演出としては最も定番となっているものですね。
ウェディングケーキを新郎から新婦へ食べさせた後に新婦から新郎へウェディングケーキを食べさせるセレモニーとなっています。

ただ食べさせるだけではなく、新郎から新婦へは「一生食べるものには困らせないよ」と言う意味があり、新婦から新郎へは「一生美味しい食べ物を作ります」という意味が込められています。

食べさせる時は新郎から新婦へ食べさせる時は、メークが崩れないようにできるだけ小さめに食べさせるのが基本となっています。

その分、新婦から新郎へ食べさせる時は愛情分、大きめのサイズを食べさせるようにします。その場合はただのスプーンでなく、ビッグスプーンだったり、ファーストバイト用のしゃもじだったり、スコップだったりします。

新郎が食べる際にはお顔いっぱいにケーキがついていると会場全体が笑いに包まれることが多いです。
披露宴で必ず行うイベントではないですが、ウェルカムケーキ入刀を行うのであればファーストバイトを行うと盛り上がると思います。

サンクスバイト

新郎新婦から感謝の気持ちを伝えたいゲストにウェディングケーキを食べさせるセレモニーです。

よく選ばれるゲストは新郎新婦の両親ですが、特に決まりはないので感謝の気持ちを伝えたいゲストにサプライズで行う新郎新婦が多いです。

例えば新郎新婦の出会いのきっかけになった方や、大切にしている親友、兄弟にサンクスバイトをする新郎新婦もいました。

こういった形で感謝の気持ちを伝えるのも素敵ですね。

お手本バイト

自分たちがファーストバイトを行う前に、自分たちより先に結婚しているカップルにウェディングケーキの食べさせあいをしてもらう演出です

新郎新婦二人にとって大切な友人にお願いしたり、仲の良い親族にお願いする新郎新婦が多いです。新郎新婦の両親にお願いしても会場が盛り上がりますね。

以前見かけた披露宴では、理由があって結婚式が出来なかった兄弟夫婦にお願いしている新郎新婦もいました。

披露宴での他のサプライズ演出と違って、呼ばれたカップルも自分たちが披露宴を行っているかのようなサプライズとなるので、一緒に共感したいゲストカップルがいる新郎新婦におすすめのイベントです。

ラストバイト

新郎新婦の親御さんから新郎新婦へウェディングケーキを食べさせるセレモニーです。

今までご飯を食べさせてきてくれた親御さんに感謝の気持ちを込めて最後に食べさせてもらう演出となっています。

お父さん、お母さん、どちらか一人にお願いする場合もありますし、両親両方から食べさせてもらう場合もあります。

新郎新婦からすると、少し照れてしまう演出となるかもしれませんが、親御さんからすると新郎新婦の幼い頃を思い出せる貴重な機会になると思います。

今まで育ててくれた親御さんへの感謝の気持ちをお伝えしたい方はラストバイトも良いのではないでしょうか。

まとめ

今回はウェディングケーキ入刀後の演出についてお話しました。

・ファーストバイトは新郎から新婦へ、新婦から新郎へウェディングケーキを食べさせる演出
・サンクスバイトは新郎新婦から感謝の気持ちを伝えたいゲストにウェディングケーキを食べさせる演出
・お手本バイトは新郎新婦より先に結婚しているカップルにウェディングケーキの食べさせあいをしてもらう演出
・ラストバイトは新郎新婦の親御さんより新郎新婦にウェディングケーキを食べさせてもらう演出

ウェディングケーキ入刀後の食べさせあいの演出にはそれぞれ意味があります。
せっかくの機会ですので、自分たちが感謝の気持ちを伝えたい相手に上手く気持ちが伝えれれば良いですね。

かえる