披露宴のお色直しにかかる時間とお色直しの回数について

こんにちは。かえるです。

披露宴の途中で新郎新婦が服装を変えてくることをお色直しと言います。
お色直しは披露宴中盤で行うことが多いのですが、どれくらいの時間がかかるかご存知でしょうか?
また、何回くらい行うのが一般的でしょうか?

今回はお色直しにかかる時間と回数についてお話します。

結婚式の再入場で盛り上がること間違いなし! 披露宴でのお色直し入場の際のドレス色当てクイズについて

2017年6月20日

お色直しはどれくらい時間がかかるの?

お色直しにどれくらい時間がかかるか気になっている方もいると思います。
実は洋装と和装で時間が少し違います。着付けが難しい為に和装の方が時間がかかっているようです。
しっかりとしたデータを取ったわけではありませんが、僕の体感では以下のようになっています。

洋装→洋装の場合

一番時間がかからないパターンです。
早いと15分くらいで着替え終わることもあります。
平均すると20分くらいだと思います。

洋装→和装の場合

先ほどと逆に一番時間がかかるパターンです。
着付けだけでなく、メイクの内容も変わってくることもあるので、かなり時間がかかることが多いようです。
どれだけ早くても20分はかかります。
平均すると30分~40分くらいはかかると思います。

和装→洋装の場合

こちらも内容全てが変化しますが、「洋装→和装」よりは時間がかかりません。
和装に着付けるのが特に時間がかかるようです。
早いと20分くらいで終わります。
平均すると20分~30分程度です。

和装→和装の場合

着付けが大変な和装ですが、「和装→和装」だと内容全てが変わる訳ではないので、他と比べてそこまで時間がかかるものではありません。
それでも洋装に着付けるよりは確実に時間がかかります。
早くても20分以上はかかります。
平均して、およそ30分前後くらいの時間がかかります。

お色直しは何回行うもの?

お色直しの回数は結婚式の内容と共に変化してきました。
以前は何回もお色直しをすることが多かったようです。

現在は1回のパターンが多い

僕が撮影に入る会場ではほとんど1回のパターンです。
最近では2回以上というのは年に一度あるかないかくらい少なくなりました。

多くても2回くらい

それでも現在は多くて2回です。
よほど大きなホテルでない限りは3回以上は披露宴のスケジュールの関係で、会場側からNGが出ているかもしれません。
以前は3回の場合もたまに見かけたのですが…。

以前はたまにあったお色直し3回

3回お色直しを行うのも以前はたまに見かけました。
大きな結婚式会場やホテルの場合が多かった気がします。
3回やるとほとんど新郎新婦との歓談時間はとれない事が多いですね。

派手婚の時は4回やった人もいたらしい

一度だけ4回お色直しを行った披露宴の撮影をしました。
4回目にお色直しに向かう時にはゲストからどよめきが起こっていました。
4回お色直しをするということは、服装が5着ですからね…。
どれだけお金をかけたとしてもこれくらいの回数が限度ではないでしょうか。

5回以上行った方もいる模様

調べてみて知ったのですが、5回以上行う方もいるようですね。
どのようなスケジュールとなるのかちょっと想像がつきません。
早めに着付けができたとしても「20分×5=100分」で、3時間の披露宴だったとしてもほとんど新郎新婦が披露宴会場にいないことになりますね。
一度でいいから撮影してみたい気持ちもあります。

一度もお色直しをしない新郎新婦もいる

洋装にしても和装にしても、お色直しを増やすと予算が増えます。
その為に、お色直しをせずにその分料理のグレードを上げたりする新郎新婦もいます。
一度もお色直しがないと少し寂しい気もしますが、その分ゲストにたくさんおもてなしするのも考え方の一つとしてアリだと思います。

まとめ

今回はお色直しにかかる時間とお色直しの回数についてお話しました。

・お色直しにかかる時間は15分~40分くらい
・一番時間が早いのは「洋装→洋装」
・一番時間がかかるのは「洋装→和装」
・現在ではお色直しは1回の場合が多い
・多くても2回か3回くらい
・お色直しの回数が増えるとその分ゲストとの時間が少なくなる

自分たちが行う結婚式なので、お色直しの回数にも大きな決まりはありません。
後は、何を優先して結婚式を行いたいかを考えて計画できると良いですね。

かえる