何故花嫁はブーケを持つのか? ブーケやブートニアの由来と演出について

こんにちは。かえるです。

ウェディングドレスを着る際にはブーケを持つ新婦がほとんどだと思います。
当日になってよく聞かれるのが、ブーケをどの方向に持つかということです。
今回はそんな花嫁が持つブーケやブートニアの由来や決まりについてお話をします。

ブーケ・ブートニアの由来

昔、ヨーロッパにて愛する花嫁の為に新郎が野に咲く花を集め花束にしました。そしてそれを花嫁に渡し、プロポーズをしました。それがブーケの由来です
花嫁は返事の代わりに一輪の花を新郎の胸ポケットに入れました。それがブートニアの由来となっています

ブーケ演出

ブーケ・ブートニアに関わる演出はいくつか印象的なものがあります。
ここでは特に有名なものを紹介します。

ダーズンローズセレモニー

挙式や披露宴入場の際に新郎がゲストから1輪ずつバラを受け取りそれを束ねてブーケとして新婦にプロポーズするセレモニーです。
ブーケを束ねるのを新郎のお母さんに頼む方もいます。
1輪のバラ一つ一つに意味があり、その気持ちを新婦に伝える素敵な演出となります。

ブーケトス(ブーケプルズ)

新婦がブーケをゲストに向かって投げて、それを受け取ったゲストがブーケをもらうことができるセレモニーです。
投げるに抵抗がある方は、一つだけ当たりのあるブーケプルズのセレモニーを行うのが良いと思います。
どちらも特定のゲストを呼んだり、先着にしたりと新郎新婦が行いたいようにゲストを呼ぶことができます。

ブーケプレゼント

ブーケトスやブーケプルズだと誰にブーケが渡るか分からないです。
特別な友人1人にどうしても渡したい方がいるのなら、ブーケプレゼントとしてお渡しする方法をとると良いです。
確実に感謝の気持ちを伝えたい友人にお渡しすることができます。

ブーケはどのように持つのか

結婚式当日の写真撮影の際に意外とよく聞かれるのはブーケはリボンを外側に持つのか内側に持つのかということです。
ブーケ・ブートニアの由来からすると新婦はブーケを受け取った形になるので、リボンを内側に持つのが正しいです。
ただし、写真となる場合は見栄えのこともあり、リボンを外側に持った方がよりキレイに撮影することもできます。
基本的にはリボンが内側になるように持って、写真撮影の際にはカメラマンと相談するのが良いかと思います。

 

まとめ

今回はブーケに関する由来や演出についてお話しました。
ブーケは結婚式のアイテムでもとくに大切なものです。
自分たちでこだわった演出ができると良いですね。

かえる