大切な家族に!結婚式で兄弟・姉妹に感謝を伝える演出8選

こんにちは。かえるです。

結婚式1日の中では、様々なゲストへ新郎新婦から感謝の気持ちを伝えるチャンスがあります。
中には兄弟・姉妹に向けて感謝の気持ちを伝えたいと考えているカップルもいるのではないでしょうか。
今回は新郎新婦から兄弟・姉妹に向けてのサプライズセレモニー8選を紹介します。

ベールダウン

チャペル式や人前式で行うベールダウンのセレモニーを兄弟・姉妹にやってもらう新婦もいます。
通常は新婦のお母さんにやってもらうことが多いのですが事前にお願いすれば別の人にやってもらうこともできます。
花嫁の最後の身支度を兄弟・姉妹にお願いするのも素敵な演出ですね。

結婚証明書の証人となってもらう

主に人前式で行うことが多いです。
新郎新婦が記入する結婚証明書の証人に兄弟・姉妹にお願いすることです。
いつまでも残る証明書となりますので、新郎新婦だけでなく、兄妹・姉妹にとっても大切な思い出になると思います。

甥っ子、姪っ子に挙式のお手伝いをしてもらう

兄弟・姉妹の方にお子さんがいるのであれば、お子さんに結婚式のお手伝いをしてもらうのも良いかもしれません。
親御さん(新郎新婦の兄弟・姉妹)からすると、結婚式という晴れ舞台で、自分の子どもが大役を担うのは嬉しいものだと思います。
その為に、新郎新婦からすると甥っ子や姪っ子に挙式のお手伝いをしてもらうのも兄弟・姉妹に対しての感謝の気持ちの表現の1つかもしれません。
お子さんがメインでお手伝いすることになるので、結婚式当日のサプライズではなく、事前に確認した方が良いです。

ウェディングケーキ入刀の後にサンクスバイトをする

ウェディングケーキ入刀の後にはファーストバイトやラストバイトを行うことが多いですが、その際に兄弟・姉妹に対してサンクスバイトをするのはいかがでしょうか。
自分たちがウェディングケーキを食べさせる場合もありますし、中には結婚式が出来なかった兄弟・姉妹の為に兄弟夫婦にファーストバイトのセレモニーをやってもらう新郎新婦もいます。
ウェディングケーキのセレモニーは通常だと兄弟・姉妹にお願いする新郎新婦が少ないので、サプライズとしてかなり驚かれる演出となります。

お色直し中座の際に一緒に歩いてもらう

お色直し中座の際に一緒に兄弟・姉妹に歩いてもらうのも良い演出です。
披露宴会場の長い距離を歩くために、子どもの頃に一緒に歩いた思い出がよみがえってくるセレモニーとなります。
その際に手を繋ぐ方が多いです。

サプライズプレゼントを渡す

何か形で感謝の気持ちを伝えたい新郎新婦におすすめです。
兄弟・姉妹が欲しがっているプレゼントを渡すのも良いですし、姉妹同士でしたら、ブーケを渡す新婦もいます。
ゲスト全員に祝福されたい方は披露宴のセレモニーとして予定として組むのが良いと思います。
あまり目立って渡したくない方は、披露宴後の送賓や後日にお渡しすると良いです。

生い立ちムービーで感謝の気持ちを伝える

生い立ちムービーでは新郎新婦の子ども時代の写真も登場するので、子ども時代に共に写真にいる兄弟・姉妹も登場する回数が増えます。
そういった写真のメッセージに一言兄弟・姉妹に対して感謝の気持ちを言葉で伝えるのも良いですね。
生い立ちムービーを見ながら涙がこらえれない兄弟・姉妹の方をよく見ます。

手紙で感謝の気持ちを伝える

披露宴の結びでは通常新婦から両親への手紙を読むことが多いです。最近では新郎が両親へ手紙を読んだりすることもあります。
その手紙の際に一緒に兄弟・姉妹への気持ちを伝えるのも感動的な演出となります。
あまり長文を書くのは苦手な新郎新婦の場合は、両親への感謝の気持ちの後に一言添えるだけでも良いと思います。
面と向かって言うのと違い、よりしっかりと言葉が伝わります。

まとめ

今回は結婚式で兄弟・姉妹に感謝を伝える演出8選についてお話しました。

・ベールダウンを兄弟・姉妹に行ってもらうのもアリ
・結婚証明書の証人にお願いすれば一生残るアイテムとなる
・甥っ子や姪っ子に結婚式のお手伝いをする時は事前確認を必ずすること
・ウェディングケーキ入刀後にサンクスバイトを兄弟・姉妹に行う新郎新婦もいる
・お色直し中座の際に一緒に歩くと子ども時代を思い出せるかも
・サプライズプレゼントは披露宴後に渡すのも良い
・生い立ちムービーは兄弟・姉妹が写っていることが多いので感謝の言葉を伝えるチャンス
・両親への手紙の際に兄弟・姉妹に感謝の気持ちを伝える方も多い

これまで共に成長してきた兄弟・姉妹にたくさんの想いが上手く伝えれる結婚式となると良いですね。

かえる