結婚式での子どもの演出やプレゼントについて

こんにちは。かえるです。

今回は結婚式で子どもが関わる演出をまとめてみました。ゲストのお子さんにお願いしたり、自分たちのお子さんと一緒にイベントを考えている新郎新婦必見です。

挙式でのお子さんとのイベント

ベールガール(ボーイ)

花嫁が挙式で入場する際にベールをお子さんに持ってもらう演出となっています。
ベールをお子さんに持ってもらうことによって後姿がより美しく見せることができます。
お子さんと一緒に歩くのでとても温かい雰囲気になる演出でもあります。

リングボーイ・リングガール

結婚指輪が置いてあるリングピローをお子さんに持ってきてもらう演出です。
バージンロードを歩いてもらうので小さいお子さんは誰か大人がついて歩くと良いです。

フラワーガール(ボーイ)

挙式の入場や退場の際に新郎新婦の前をお子さんに歩いてもらって花びらを投げてもらう演出です。
ベールガールと違い新郎新婦の前を歩くのでお子さんがより見やすくなる演出となっています。
フラワーシャワーと同時に行ったり、花びらの代わりにシャボン玉をお子さんに吹いてもらうこともあります。

ウェディングキス

お子さんがいる新郎新婦の中にはウェディングキスを自分たちの子どもに行う新郎新婦もいます。
新郎新婦がお子さんにキスするために3人がよりそった様子をゲストに見てもらうことができます。
お子さんとの想い出作りをしたい新郎新婦におすすめです。

シャボン玉シャワー

フラワーシャワーの時にお子さんにシャボン玉を渡して吹いてもらう演出です。
花びらだけでなくシャボン玉が舞うことでよりキレイな演出となります。
お子さんだけでなく大人のゲストにお渡しすることもできます。
会場によってはできないところもあるので興味のある方は担当者に確認してみましょう。

披露宴でのお子さんとのイベント

披露宴入場退場で一緒に歩く

披露宴の入場の際やお色直し中座の時にお子さんと一緒に歩くのも微笑ましい演出ですね。
お子さんだけでなくお子さんの親御さんなど複数で一緒に歩くことも可能です。

乾杯発声

通常は会社の上司などにお願いする乾杯発声ですがお子さんにお願いする新郎新婦もいます。
子どもが行うことで堅くならない雰囲気となりますので、アットホームな結婚式にしたい新郎新婦におすすめです。

お子さん花束贈呈

定番の演出子ども花束贈呈です。
お子さんに新郎新婦近くまで来てもらって花束を渡してもらう演出です。
ちなみに僕も30年くらい前にやったらしいです。長く行われている演出ですね。
花束贈呈の際に新郎新婦からお子さんにプレゼントを渡すのが定番となっています。

ダンスやカラオケなどの余興

ダンスやカラオケなどに自信のあるお子さんには余興をお願いするのも良いかもしれません。
大人が行う余興とはまた雰囲気が違い、見ていて微笑ましい演出となること間違いなしです。
もし余興をお願いするのであれば、お子さんとお子さんの親御さんとしっかりと相談するようにして、ムリには強要しないようにしましょう。

一升餅

1歳の誕生日に行う一升餅を背負って歩いてもらう演出です。新郎新婦にお子さんがいる場合に行う方がいます。1歳だとまだまだ歩けないお子さんもいるので、様子を見て難しそうなら大人が協力するようにしましょう。

選び取り

こちらも1歳の時に行う演出です。お子さんの将来の職業や才能を占うものとなっています。
お子さんから少し離れた場所に様々なアイテムを置いて、興味をしめしたアイテムによって未来を占います。
よく使われるアイテムは筆(知識)、お金(富裕)、そろばん(商才)の3つです。
最近では他にも様々なアイテムを用意することがあるようです。

お子さんプレゼント贈呈

結婚式に参加してくれたお子さんたちに新郎新婦からプレゼントを渡す演出です。
事前にお子さんの親御さんに相談してプレゼントを決めると良いと思います。
そのまま一緒に記念撮影をすることもできるので写真も撮りたい新郎新婦は写真へのリクエストにそちらも記入しておくと確実に撮影してもらえます。

お子さんに向けてのお手紙

せっかくの一生に一度の結婚式ですので、自分たちの子どもにお手紙を用意するのも素敵な演出になると思います。お手紙を用意するだけでも良いですし、ゲスト皆さんの前で朗読することも可能です。
もしお子さんがまだ小さくて内容が分からない場合は大きくなった時にもう一度読んであげると喜ばれると思います。

幼稚園や学校の先生向けのイベント

新郎新婦が幼稚園や学校の先生だとその教え子さんがお祝いを届けてくれることもあります。
僕が見たことある演出を紹介します。

挙式だけの参加

挙式だけでも教え子さんに参加してもらう方もいます。広めの結婚式会場でしたら可能です。
ただし会場によって各自ルールが違いますので教え子さんを参加させたい時は早めに人数の把握をして担当者に確認しておくことをおすすめします。

ガーデンセレモニーでの花束贈呈

挙式後のガーデンセレモニーなどで教え子さんから花束贈呈してもらう新郎新婦もいます。
この際にまとめて写真を撮ることも可能ですが、あまり時間をかけすぎてしまうと披露宴中の歓談時間が短くなったりしてしまいます。
人数の多い場合はここの時間をしっかり確保しておくか全員での写真だけに収めるようにしましょう。

お祝いムービー

教え子さんからのお祝いムービーを上映する演出です。こちらは主に仕事仲間である他の先生たちが用意してきます。
教え子さんが一生懸命お祝いメッセージをしている姿は見ていて微笑ましいですね。
計画しているゲストの方はこちらの記事もご覧下さい。

まとめ

今回は結婚式で行うお子さんとの演出についてお話しました。

・チャペル式・人前式ではお子さんとのイベントが多い
・新郎新婦にお子さんがいるのならその子との演出を考えるもの良い
・手伝ってくれたお子さんへはできたらプレゼントを渡す
・新郎新婦が幼稚園や学校の先生の場合、教え子との演出もあり

お子さんとも楽しい想い出が作れる結婚式となると良いですね。

かえる