結婚式でダンスなどの余興を行う際に注意する簡単なこと

こんにちは。かえるです。

結婚式で楽しみなイベントの1つに友人たちが行う余興がありますね。
どの余興でも皆さん一生懸命考えて練習や打ち合わせを重ねて臨んでいることが伝わります。
ただ、極まれにビデオ撮影をしていてここを修正すればもっと見やすい余興となるのになあ…と思うことがあります。
余興が分かりにくい為にせっかくの内容が伝わらずに他のゲストの反応が薄いこともあるんですよね。
そこで今回は余興をする際に気づいた注意点についてお話します。

ダンスやカラオケの余興注意点

ダンスやカラオケ等、結婚式当日に行う余興では下準備がしっかりされていないと当日に変更ができません。

せっかく生での余興となるので以下の点に注意したいです。

練習不足

カラオケを余興としながら、その歌を全く唄えない方がいました。最低限1回くらいは練習しておきたいものです。歌詞を覚えれない場合は事前に歌詞カードを用意したり、会場のカラオケ施設が歌詞が出るものなのかの確認はしておきましょう。

照れがある

歌やダンスをするのであれば堂々と行いましょう。半端に照れながら行う方が見ている方も恥ずかしくなってしまいます。
プロとしてお金をとって行う訳ではありません。失敗を恐れずに余興を行いましょう。

中途半端なモノマネ

似ていないモノマネでもそれはそれで面白いのですが、全く誰か分からないくらいのクオリティですと、伝わりにくいかと思います。
当日までに一度誰かに内容を見てもらって客観的な意見をもらっておくと良いです。

寸劇などのドラマ仕立ての余興

新郎新婦の馴れ初めを再現ドラマ風に行う寸劇では上手くいくと新郎新婦だけでなくゲスト全員が笑ってくれる楽しい余興となります。

その分、考えることが多いのが大変でもあります。以下の内容を注意してもらえれば少しでも参考になるかと思います。

身内ネタ過ぎる

結婚式当日は新郎新婦が主役なので、余興の際に他のゲストが知らない新郎新婦の一面をネタとするのは良いと思います。
ただし、余りに身内ネタ過ぎて余興をしている人と新郎新婦だけしか分からないと他のゲストは何をしているかも分かりません。
もし身内ネタを入れるのなら一言説明があっても良いかと思います。

長すぎる

あまりに長すぎる余興だと見ている方も疲れてしまいます。また他のイベントの時間が短くなってしまう恐れもあるので、長くても10分〜15分くらいにしておいた方が良いです。
ただし、僕が見た余興で1番面白かったのは20分以上ありました。その余興でもDVD上映→寸劇と内容を変化させていたので、映像上映だけや寸劇だけで長すぎるものは控えた方が良いと思います。

クイズやゲーム

全員参加型のクイズや新郎新婦に向けてのクイズは会場全体が盛り上がる余興となります。

その分、クイズやゲームの余興を行う際は自分たちで進行を進めないといけないために以下の内容に注意しておくと良いです。

目的が分からないクイズやゲーム

必ず景品を用意しろとは言いませんが目的が分からなくなるクイズやゲームだとゲストからするとゲーム自体が楽しめないものとなることがあります。
景品がなくても、例えば新郎新婦のことを誰が1番理解してるかなどとクイズを出して、1番の方は3人で写真を撮ることができるなどしてゲストが積極的にゲームに参加できるように工夫しましょう。

問題が簡単過ぎる、難しすぎる

クイズの問題が簡単過ぎるとほぼ全員が正解となってしまって、盛り上がりにかけてしまいます。逆に難し過ぎても同じこととなります。
程よい難易度のクイズがおすすめです。

イレギュラーなことに対して予定してない

例えばクイズが終わった時に同じ点数の人が何人もいたらどうするか考えておいた方が良いです。
イレギュラーなことが起きた時に余興のゲストで急な打ち合わせを会場でしだすとその間他のゲストは何もできなくなってしまいます。
先程の例で言うとクイズで同じ点数の人が何人もいたらジャンケンで1番を決める…などと考えておきましょう。

余興ムービー

余興ムービーは事前に用意しておくことができるので、当日の負担が少なくなります。また上手に編集できた映像は僕たちスタッフが観ても楽しめるものとなります。

余興ムービーはその分、撮影→編集→上映と3つのステップを上手くこなす必要があります。どれか1つでも上手くいかないと上映すらできない恐れがあります。撮影が始まる前に以下の内容を読んでもらえれば少しでも参考になるかと思います。

声が聞きづらい

友人たちのお祝いコメントを集めたムービーの中には声がとても聞きづらくせっかくのコメントが全く分からないことがあります。
撮影時にしっかり撮れているか確認が必要です。もしくは編集の際にテロップをつけると分かりやすいコメントとなります。

必要ないカットがある

例えばビデオ撮影開始の動きが残っていたりすると上手くまとまった映像となりません。
編集できる環境でしたらできるだけ必要ないと思われるカットはなくしていくようにしましょう。

DVDが再生されなかった

せっかく制作したムービーが結婚式会場で流れなかったら全てがムダとなってしまいます。
当日までにはDVDの上映チェックを強くおすすめします。ここを強く言うのは未だによく当日に上映ができない方を見るからです。再生チェックはできる限りのことをしておきましょう。会場でのチェックが難しい場合は1台のデッキだけでなく複数のデッキで再生チェックをすると良いです。

まとめ

今回は結婚式での余興の注意点についてお話しました。

・カラオケでは最低限1回は歌の練習
・恥ずかしがらずに堂々とやる
・客観的に見直す
・長くなりすぎないようにする
・クイズやゲームは全体の流れをしっかり考えておく
・映像では声の聞きやすさにも注意
・DVDは必ず再生チェックをしておく

これから余興を考えている方々に少しでも参考になれば嬉しいです。

かえる