結婚式での自宅着付けについて

こんにちは。かえるです。

結婚式の着付けは結婚式会場のブライズルームで行うことが一般的ですが、自宅で着付けを行う方もいることはご存知でしょうか?

今回は自宅着付けについてお話します。

自宅着付けとは

名前の通り、新婦の自宅で結婚式の身支度をすることです。
自宅で着付けを行ってから結婚式会場に出発します。

どのように行うのか

基本的には新婦宅で行います。
前日から泊まり込んで、結婚式当日朝から着付けを始めます。
着付けが完成したら両親やご近所の方への挨拶を済ませて結婚式会場に向かいます。

着付けを行うのは結婚式会場のメイクの方にお願いしたり、知り合いの方にお願いしたりします。
自宅着付けに興味のある方は一度担当者に相談してみましょう。

自宅着付けのメリット・デメリット

自宅着付けを行うにはメリット・デメリットいくつかあります。

メリット

前日から自宅で家族とゆっくり過ごすことができる

新婦の自宅に泊まり込みで行うことが多いので、新婦は前日にゆっくりと家族と過ごすことができます。
新郎は一緒に泊まる場合もありますし、新婦だけが自宅で過ごす場合もあります。

結婚式場のブライズルームより落ち着いて過ごすことができる

自宅での着付けとなりますので、リラックスして結婚式の準備ができると思います。
また、結婚式場に着く前に準備ができるので、忘れ物の心配も少なくなります。

料金が安くできるかも

知り合いに着付けを頼む場合は結婚式場よりも安くできる可能性があります。
知り合いにお願いできそうな場合は検討してみるのも良いかもしれません。

デメリット

朝が早くなる

結婚式の準備をしてから会場に移動となりますので、スケジュールにあまり余裕がありません。
その為に朝早くから準備をしないといけなくなることもあります。
一度撮影した新婦さんは朝3時起きだったと言っていました。

結婚式場での着付けより準備に時間がかかる

自宅で着付けをしても、結婚式場に着いてから改めてメイク直しをするので、通常の着付けよりも時間がかかることが多いです。
結婚式1日をゆっくりと過ごしたい方は結婚式場での着付けの方が良いかもしれません。

披露宴の歓談時間をしっかり作るためのアイデア5選

2017年8月21日

自宅着付けで行うこと

自宅着付けを行う際のイベントをまとめてみました。
僕が見てきたものだけですので、地域によって様々なものがあるかもしれません。
イベントは特になく、着付けしてすぐに移動する方も多いです。

新婦から新婦両親への挨拶

自宅から結婚式場に出発する前に新婦から両親への挨拶を言うこともあります。
披露宴での新婦からの両親への手紙とも違い、面と向かって挨拶することで素直な気持ちを伝えられると思います。

ファーストミート

自宅でファーストミートを行う場合もあります。
その場合は新郎は別室で待機していて、新婦の着付けが終わったらファーストミートとなります。
新郎が先に結婚式会場で新婦を待って、そこでファーストミートを行うこともあります。

結婚式前のセレモニー!ファーストミートについて

2017年7月14日

自宅で近所の方へ菓子まき

中部地方でよく見かけるお菓子まきです。
以前は引越しをしてきたり、新しい家が建った時にも近所の方を集めて菓子まきを行っていたそうです。
近所の方にも喜んでもらえそうですね。

進行を決める前に考えておきたい。ガーデンセレモニーについて

2017年5月21日

まとめ

今回は結婚式での自宅着付けについてお話しました。

・自宅着付けは新婦の家で結婚式の着付けをすること
・前日から泊まり込みで行うことが多い
・新婦は家族とゆっくりと過ごすことができる
・知り合いに頼めば料金が安くなることもある
・結婚式場への移動があるので朝は早くなる
・着付けが完成してから新婦から両親へ挨拶をする人もいる
・新郎を別室に待機させてファーストミートを行うこともある
・近所の方に向けて菓子まきを行う人もいる

結婚式会場によっては自宅着付けが不可能な所もあります。
当日の朝は大変ですが、興味がある方は是非参考にしてみて下さい。

かえる