結婚式でビデオを頼まれた方注意!結婚式での全員集合写真でのビデオ撮影注意点

こんにちは。かえるです。

結婚式でビデオ撮影を頼まれた方は1日中カメラを回しっぱなしで大変だと思います。
メーク室から始まって、挙式、ガーデンセレモニー、披露宴とたくさんのカットを撮ろうと大変ですね。
ここで注意したいイベントが集合写真です。集合写真は他のイベントと違い気を付けた方がよいことがいくつかあります。
今回は結婚式でビデオ撮影をする方に向けて集合写真の際の注意点についてお話します。

そもそもビデオ撮影すらできない?

以前は結婚式を行うのはホテルや結婚式会場が多かったです。その為に全員集合写真は専用のスタジオで撮影することがほとんどでした。そして多くのスタジオではゲストの撮影は禁止とされています。理由はたくさんあると思いますが、例えば、全員が写真を撮り始めたら時間がかかりすぎてしまったりすることが考えられます。
その為に全員参加の集合写真はビデオ撮影すら禁止の事が多いです。もし少しでもビデオ撮影を行いたいと考えている場合は事前に担当者に確認しておきましょう。

自分も参加することをお忘れなく

当然ですが、集合写真を撮る用のスタジオがなくても全員集合写真を撮ることはあります。例えばレストランだったら階段下に集まったり、ハウスウェディングだったらテラスに集まったりと会場によって多種多様です。スタジオ撮影でない場合はゲストの撮影自体は禁止でないことが多いです。
気を付けてほしいのは全員集合写真なので自分がいないと写真を撮ることができないということです。
僕もたまに見かけるのですが、全員が並んでいるのにいつまでも撮影をしようとするゲストがいます。全員を待たせてまで撮影しているのはマナー的にもどうかと思いますので、撮影係と言えども速やかに並んだ方が良いです。

挙式と披露宴の合間に行うために撮影が難しいかも

全員集合写真は挙式と披露宴の合間に行うことが多いです。その時間は移動や披露宴での撮影準備で撮影者の忙しい時間帯となります。知らない会場であまり無理をして集合写真ばかり撮影していると披露宴への備えができなくなる恐れがあります。
ムリをせずに撮れる範囲で撮影するのが好ましいです。

それでも少しでもビデオ撮影をしておきたい方へ

ゲストとして参加している以上、全員集合写真のビデオ撮影は難しいことが分かりました。それでも少しでも新郎新婦の為に撮影をしておきたい方もいるでしょう。
そんな方はまず事前に全員集合写真の際は会場でどのようなルールがあるのか調べましょう。もし撮影自体が問題ないのであれば三脚を立てておいて自分は集合写真に並んでおくこともできます。
そしてどこでどの時間帯で行うかもしっかりと把握しておきましょう。場所と時間を把握しておけば当日に慌てることも少なります。
しっかりと記録撮影をしたいのであれば必ず事前確認をするようにしましょう。

まとめ

今回は全員集合写真でのビデオ撮影注意点についてお話しました。

・全員集合写真をスタジオで行う場合はゲストの撮影禁止の場合が多い
・ゲストとして参加しているのであれば自分も一緒に並ぶことを忘れない
・挙式と披露宴の合間に行うことが多いので移動などで慌てないように注意
・少しでも撮影したい方は事前の確認必須

全員集合写真はゲストをまとめて撮影できる貴重なチャンスでもあるので可能なら上手く撮影できると良いですね。

かえる