人前でキスするのは恥ずかしい…結婚式のキスのセレモニーの話

こんにちは。かえるです。

結婚式でチャペル式や教会式を行いたいと考えているカップルの中には「チャペル式や教会式はやりたいけど、人前でキスするのはちょっと…」と考えている方もいるのではないでしょうか。
確かにチャペル式・教会式ではベールアップ、キスという流れで行う新郎新婦が多いです。
キスをするのが嫌なカップルは一度担当プランナーに相談してみてはいかがでしょうか。挙式にキスしないようにすることも全然可能です。

チャペル式や教会式ではよく行われているキスの演出ですが、結婚式当日まであまりどのような演出なのか知らない新郎新婦が多いように感じます。
今回はそんな挙式でのキスのお話をしたいと思います。

チャペル式でもキスしなくていいの?

チャペル式のベーシックな流れではベールアップの後に新郎新婦のキスの演出となります。
元々行うことを承知している新郎新婦だったら問題ないのですが、中には人前で行うことをイヤな新郎新婦もいます。
その場合は事前に担当プランナーに相談すれば別の演出やベールアップのみという形にすると思います。
僕が以前に撮影した新郎新婦の中にはベールアップのあとにハイタッチをするカップルもいました。
どんな形であろうと新郎新婦お2人が納得できる挙式にするのが一番だと思います。
キスの演出に戸惑っているカップルは是非一度担当プランナーに相談してみましょう。

キスを行う場所アレコレ

挙式でキスを行う新郎新婦にも当日に戸惑う方がよくいます。
例えば「キスをどこに行うか」ということです。
挙式のリハーサルの説明の際にようやく考える新郎新婦が多いので説明させてもらいます。
オーソドックスなものだと、おでこ、ほっぺ、くちびるの三か所に行うことが多いです。
おでこは新郎が新婦のおでこにキス。ほっぺは新郎が新婦のほっぺにキス。くちびるは新郎が新婦のくちびるにキスします。
一番よく見かけるのはくちびるにキスとなりますが、少し恥ずかしい新郎新婦はおでこやほっぺにキスすることを選ぶことが多いです。
当日に慌てないようにできたら事前に考えておくことをおすすめします。

また数は少ないですが、新婦の手元にキスをすることもあります。
以前に撮影した新郎新婦ですがお子さまがすでにいる新郎新婦で、キスのセレモニーの際にお子さんに前に出てきてもらい2人でお子さんにキスする新郎新婦もいました。

難しい決まりがあるわけではないので、自分たちが良いと思うセレモニーとすれば良いと思います。

挙式でのキスの方法

ベールアップの後にキスのセレモニーとなります。
基本的には新婦は受けの姿勢で新郎が新婦の肩に手を置き、キスをします。
おでこの場合は正面から、ほっぺやくちびるの場合は新郎がゲストと反対側に顔を傾けてキスすることになります。これはゲストが新婦の顔を見やすいようにする為です。
恥ずかしいかもしれませんが、キスのセレモニーも挙式の中で大切なシャッタータイミングですので、できたらキスは3秒以上しておくとゲストの方やカメラマンも良い写真が撮れるかと思います。

まとめ

今回は挙式であまり知られていないキスのセレモニーについてお話しました。

・チャペル式でもキスのセレモニーはやらなくても良い
・キスをする場所は2人で考えた場所で良い
・挙式でのキスはできたら長めにすると良い写真が撮りやすい

こうして考えると人前でキスをするのが恥ずかしくてチャペル式を外すのはもったいないですね。
自分たちが納得できる結婚式になると良いと思います。

かえる