結婚式の服装の決まり【男性のスーツ編】

こんにちは。かえる(@camerakaeru )です。

「友人や親族、会社仲間から結婚式に招待された!でもどんな服装で行けばよいのか分からない……」
と、悩んでいる方も多いと思います。

昔と違い、現在では結婚式の服装の決まりも大分緩くなっています。
しかし、ある程度の決まりはあります。

今回は結婚式の男性の服装についてお話します。

基本的な服装

男性は基本的にはスーツ着用です。

スーツ

スーツの色は黒が基本です。他にもネイビーやグレーの方もよく見かけます。
派手でなければストライプの使用も大丈夫です。

ベストは着用するのが望ましいとされています。

新郎と被らないように、白色や派手な色のスーツはNGとなっています。

ネクタイ

年配の方やスピーチを頼まれている場合は白や薄いシルバーがベターです。
その他のネクタイでも派手な柄で無ければ問題ありません。

黒や紺色はNGです。また、結婚式というおめでたい場ですので、殺生を連想してしまうアニマル柄やゼブラ柄はやめておきましょう。

シャツ

Yシャツは白の襟付きのものにしましょう。

派手過ぎるシャツはNGです。
色付きのものでも、控えめな色にしておくと無難です。

結婚式では靴は、革靴かエナメル素材のものにしましょう。

紐付きの「ストレートチップ」か、デザイン穴が開いていない「プレーントゥ」が良いとされています。

こちらもネクタイと同じく、動物の殺生を連想させるものは履かないように配慮しましょう。

靴下も黒の靴下が良いです。

バッグ

バッグは持ってこない男性がほとんどです。
ご祝儀袋などの持ち物はポケットに入れます。

どうしてもバッグが必要な方は、クラッチバッグなど小さいものを持ち込むのが良いとされています。

バッグの色も黒にしておくと良いと思います。

今までに見た明らかに変だと思った服装

僕が見てきて「さすがにこれはちょっと……」と感じた服装です。

基本的にはマナー違反的なものが多いです。

茶色のスーツ

1人だけ茶色のスーツを着ていた男性ゲストがいました。
何と言うか…それしかないのかなぁと思ってしまいました。

全員集合写真でも明らかに浮いてました。

披露宴でジャケット無しの服装

これは結構よくある話なのですが、結婚式当日にジャケットを忘れてしまう男性の方は結構います。

遠方なのにお家に忘れてきてしまったり、道中の電車の中に置き忘れてしまったりするようです。

せっかく用意してもこれでは台無しですね。
忘れ物には注意が必要です。

披露宴会場内で服を着替える

これも割とよく見かける光景です。さすがにズボンまで着替える方はいませんが……。
靴を履き替えるだけでも、披露宴会場内では結構目立つのでやめておいた方が良いです。

まとめ

今回は結婚式の男性の服装についてお話しました。

・スーツは派手過ぎない色でベストを着用するのが良い
・ネクタイは黒や紺色の暗い色はNG
・Yシャツは派手過ぎない色を選ぶ
・靴はストレートチップかデザイン穴が開いていないプレーントゥ
・バッグは基本的になしで必要ならクラッチバッグにする

男性の服装はシンプルなようで奥が深いですね。
これから新しい情報が入ったら順次更新していきたいです。