【結婚式の種類】挙式と披露宴の違いと内容

こんにちは。かえる(@camerakaeru )です。

結婚式というと、挙式を思い浮かべる方と、披露宴を思い浮かべる方がいると思います。

この2つの違いは何でしょうか?

今回は挙式と披露宴の違いと内容についてお話します。

挙式と披露宴の違い

結婚式とは神様や来てくれたゲストの前で新郎新婦が結婚したことを誓う儀式です。

「結婚式」を「挙げる」ということで、「挙式」とも呼ばれます。

披露宴とは、普段から親睦のある友人や親族にそれぞれのパートナーを「披露」するパーティのことです。
結婚披露宴とも呼ばれます。

少しややこしいのが、「挙式+披露宴」のことを「結婚式」とまとめて呼ぶことが多いところです。

「友人の結婚式に行って来たよ!」と言っても挙式のみの参加なのか、披露宴まで参加したのか分かり辛い時もあります。

このブログでは便宜上「結婚式」=「挙式+披露宴」として記載しています。

では次に、挙式と披露宴の内容についてお話していきます。

挙式の内容と種類

先ほども書いたように、挙式は神様やゲストの前で新郎新婦が誓いの儀式を行うものです。

挙式にもいくつか種類があって、種類によって儀式の内容が変わってきます。

教会式(キリスト教式)

キリスト教会で挙式を行うものです。

キリスト教の方が挙げることが多いですが、他の方でも挙げることはできるようです。
神様に新郎新婦が誓いを立てるものとなっています。

この後説明するチャペル式と内容は近いものはありますが、本格的な教会式を挙げるためには、挙式を行っている教会を探す必要があります。

チャペル式

教会式に似せた挙式用の建物です。

結婚式場内にあることが多いので、その後の披露宴の流れなどがスムーズに進むのがメリットとなっています。

ちなみにネットでよく見かけるように、牧師様(に扮している外国人)は大半が業者です。

何故か平日は英語の先生をやっている方が多い気がします……。(笑)

神前式

神社で誓いの儀式を行うスタイルの挙式です。

「三々九度」などは有名ですね。

現在では神前式でも指輪交換をするのは普通となっています。

仏前式

お寺で行う挙式です。

行う方は大抵がそのお寺の親族の方です。

「数珠交換」と言う少し変わった儀式も行われます。

全く関係ありませんが、冬に撮影に行くととても寒いです……(お寺の関係者の方ごめんなさい)

人前式

「じんぜんしき」もしくは「ひとまえしき」と読みます。

チャペルにて行われることが多いですが、披露宴会場で行う「宴内人前式」と呼ばれるものもあります。

チャペル式と内容は似ていることが多いですが、新郎新婦2人が誓うのは神様でなく来てくれたゲストに誓うこととなります。

一番大切なセレモニーは締めに行われる「ゲストからの承認の拍手」です。

もし、人前式に参列する場合は承認の拍手は盛大に行いましょう。

ここまでが、挙式の内容と種類の説明でした。

次に披露宴で行われる主なイベントについてお話していきます。

披露宴で行われる主なイベント

結婚披露宴は新郎新婦2人がそれぞれの親族や友人にお互いのことを披露するパーティです。

昔は自宅や公民館で行われることが多かったようですが、現在では結婚式場やレストラン、ホテルなどで行う人が多いです。

そういった会場で行う場合はある程度のイベントが決まっています。

1つ1つ紹介していきます。

ウェルカムスピーチ

新郎新婦から来てくれたゲストに挨拶をするものです。

ほとんどの場合、新郎が行いますが、お2人が行ったり新婦が行う場合もあります。

割と近年に行われるようになったイベントですが、最近ではほぼ全ての披露宴で行われています。

主賓祝辞

主賓の方から祝辞をいただくものです。

会社関係のゲストがいる場合は、一番立場が上の方が行うことが多いです。

もしくは親族の方が代表して行うこともあります。

学校関係者の場合、校長先生となります。かなり長くなることを覚悟してください。(笑)

乾杯

ゲストの方や新郎新婦が行います。

会社関係の方がいる場合は、新郎側の上司が行うことが多いです。

主賓挨拶を頼んでいない場合は、乾杯挨拶とウェルカムスピーチを一緒に行うこともあります。

「乾杯の挨拶とスカートは短く、新郎新婦の幸せは末永く……」と言う方、実際にいます。(笑)

ウェディングケーキ入刀

披露宴前半の一番の演出です。

少人数の披露宴でもウェディングケーキ入刀はほとんどの方が行っています。

写真映えもしますし、その後のデザートにもできるから良いですよね。

スピーチ・余興・ゲーム

ゲストからお祝いのスピーチや余興をしてもらう演出です。

ゲストの負担になるから……という理由で頼まない新郎新婦も多いです。

スピーチや余興がない分、ゲームやテーブルフォトを行う方もいます。

結婚式・披露宴で行うおすすめのゲーム10選

2017年9月9日

また、歓談時間をしっかりとりたい方は無しにするもの一つの方法だと思います。

披露宴の歓談時間をしっかり作るためのアイデア5選

2017年8月21日

お色直し

新郎新婦の服装チェンジのことです。

お色直しに行くことをお色直し中座と言います。

この時に、ゲストと一緒に歩くサプライズ演出もあります。

その後の再入場の際に、キャンドルサービスなどのテーブルラウンドの演出を行うことが多いです。

新婦から両親への手紙

新婦から新婦の両親に向けてお手紙を読むイベントです。

普段は中々言えない感謝の気持ちを伝えれるチャンスです。

しっかりと自分で読むことをおすすめしますが、人前で読むのが恥ずかしい場合は、司会者に代読してもらったり、お手紙を渡すだけでも大丈夫です。

新郎が新郎両親に向けてお手紙を用意してくることもあります。

両家両親へ花束贈呈

新郎新婦から両家両親へ花束を贈呈する演出です。

この時にお母様には花束をお父様にはブートニアをお渡しします。

ブートニアの代わりに記念品を贈呈することもあります。

両親の近くまで行くことになるので、ここで一言お礼が言えると良いと思います。

両家代表謝辞

新しく家族になった両家からの挨拶です。

基本的には新郎側のお父様が行うことが多いです。

ただし、新郎側のお父様が不在の場合や、婿入りの場合は新郎側のお母様や新婦側のお父様が行うこともあります。

新郎新婦挨拶

新郎新婦からの結びの挨拶です。

新郎のみが行うことが多いです。

新郎新婦からの挨拶の後に披露宴はお開きとなります。

披露宴で行われる主なイベントの説明は以上です。

挙式と披露宴の具体的なタイムスケジュールはこちらをご覧ください。

新郎新婦必見!結婚式当日のタイムスケジュールについて

2017年6月21日

披露宴はどのような流れで進んでいくの?披露宴でのタイムスケジュール

2017年6月25日

まとめ

今回は挙式と披露宴の違いと内容についてお話しました。

・挙式は神様やゲストの前で誓いの儀式を行うもの
・披露宴は友人や親族にそれぞれのパートナーを披露するパーティのこと
・挙式にも様々な種類がある
・披露宴のイベントはある程度決まっている

結婚式について参考になれば幸いです。