夏場に結婚式が少ない4つの理由と夏に結婚式を行うメリットについて

こんにちは。かえるです。

夏もいよいよ本番で暑い日が続きますね。
ちなみに、結婚式の件数が少ないのは8月ということを知っていますか?
今回は何故夏の結婚式が少ないかまとめたのでお話したいと思います。

お盆がある

お盆やお正月に結婚式を挙げる人はあまりいないです。
もし行っても少人数の結婚式であることが多いと思います。
どうしても忙しい時期なのでゲストを招待するのも気が引けてしまいますよね。
僕もお盆で結婚式の撮影を行ったのは数える程しかありません。

外でのセレモニーが大変

夏の場合、外で行うセレモニーは新郎新婦にとってもゲストにとっても負担が大きいです。
中にはせっかくガーデンがある結婚式場なのに、夏の為に全く外でのイベントを行わない新郎新婦もいます。
もし外でセレモニーがあってもゲストの負担を最小限にする為に短めに行う新郎新婦が多いです。

メイク崩れがしやすい

夏場は汗をかきやすいのでせっかくのメイクが崩れてしまうことがよくあります。
新婦や女性のゲストが何時間もかけてメイクしても崩れてしまうのは辛いですよね。
また結婚式での服装は夏場には向いていません。
夏に結婚式を挙げる場合は暑さ対策も考えないといけないですね。

台風などで天候が変化しやすい

結婚式では普段なかなか会えない友人や親族と1日を過ごすことができる日です。
そんな予定日に台風などで交通機関が止まったり遅れてしまったら、ゲストが結婚式場に到着できなくなってしまいます。
遠方からのゲストが多いカップルはこのことを気にして夏場を避けることがあるようです。
夕立などの突然の天候変化もセレモニーが順調に行われなくなることもあります。

まとめ

今回は夏場に結婚式を行う人が少ない理由についてお話しました。

・お盆はゲストを招待し辛い
・外でのセレモニーが負担となる
・暑い為にメイク崩れしてしまう
・台風などの天候変化でゲストが予定通り到着できない恐れがある

理由を考えるとネガティブなことばかりになってしまいましたが、夏場に結婚式を挙げるメリットともあります。

・結婚式を行う人が少ないために人気の結婚式場が空いてることが多い
・料金が安くなっている会場もある
・天気が良いときは景色がすごくキレイ
・夏場が忙しくなくなる業種が多い為にゲストが集まりやすい

以上が夏場に結婚式を挙げるメリットです。
料金のことや結婚式当日のことを検討しながら自分たちの理想の結婚式が行えると良いですね。

かえる