結婚式でのカメラ撮影注意点

こんにちは。かえる(@camerakaeru )です。

結婚式ではたくさん写真を撮りたいゲストが多いと思います。

現在はカメラを持っていなくても携帯電話やスマートフォンで撮影もできるので、誰もが撮影することができます。

しかし、結婚式の進行は想像以上に早く進んでいきます。

今回は、結婚式当日に慌てなくて良いように撮影注意点についてまとめました。

結婚式でビデオ撮影をするなら当日までに用意しておきたい4つの事

2017年7月7日

挙式の撮影注意点

挙式の撮影では決められたルールがあるので、注意が必要です。

ストロボ撮影禁止

挙式中のストロボ撮影を禁止されていることもあります。

もし全員が一斉にストロボを使ってしまうと、せっかくの式が台無しになってしまいます。

結婚式場によっては特に禁止とされていないところもありますので、始めの説明の時に注意して聞いておきましょう。

席以外からの撮影禁止

挙式で席以外から撮影するのは他のゲストの邪魔になってしまうので、禁止となっています。

また必要以上に立ち上がって撮影することもないように注意しましょう。

進行が早いから気をつける

挙式の進行は想像以上に早いです。

例えばベールアップ→キスの流れもあっと言う間に終わってしまいます。

しっかりと撮影したいなら、常に電源を入れておくと良いです。

新郎新婦必見!結婚式当日のタイムスケジュールについて

2017年6月21日

できたらバージンロード近くから撮影する

撮影をしっかりとしたいならバージンロード近くが特に撮影しやすいです。

グループの中で良いカメラを持っている人がいれば、その人にその席を譲るのも良いかもしれません。

そもそも撮影禁止の場合もある

結婚式場内での撮影が禁止されている場合もあります。

こちらもスタッフから説明がありますので、しっかりと確認しておきましょう。

披露宴の撮影注意点

披露宴は挙式ほどルールは厳しくありません。

その分、大事な場面をついつい見過ごしてしまいがちです。

また、撮影ばかりに気を取られずに周りに注意することも必要です。

結婚式でビデオ撮影をする時に配慮してほしいこと

2017年8月3日

披露宴では積極的に動く

挙式と違い、披露宴では席以外の撮影も大丈夫です。

ウェディンケーキ入刀や、キャンドルサービスなどの演出は近くで撮影すると良い写真が撮れます。

サービススタッフに注意

披露宴はお食事を楽しむ場でもあります。

常にサービススタッフが働いているので、サービススタッフの迷惑にならないように撮影しましょう。

周りのゲストに気を配る

ウェディンケーキ入刀などで、前に行って撮影するのは問題ありませんが、立ち上がったまま撮影していると後ろのゲストが見えなくなります。

しゃがむなどして、周りのゲストに気を配るようにすると良いです。

新郎新婦と写真が撮れる時は早めに行動する

乾杯後や歓談中に司会者から「写真を撮りたい方は是非前に来てください」などと案内があったら、早めに撮影に行くと良いです。

歓談の時間は限られているので、写真が撮れるうちに新郎新婦との写真を撮っておくことが大切です。

同じテーブルでシェアできそうなら全員が撮らなくても良い

友達同士で写真をシェアできそうなら、何回も撮らなくても良いと思います。

時間も限られてくるので、テーブル毎で写真を撮る時は誰か1人のカメラを使用して、後からシェアするようにしましょう。

楽しい写真をいっぱい撮ろう! 結婚式で行うフォトプロップスのアイテム6選

2017年8月2日

遠慮なくスタッフに撮影をお願いする

自分たちの写真を撮って欲しいときは、遠慮なくスタッフにお願いしましょう。

よほど忙しく無い時以外は、快く撮影に応じてくれるはずです。

撮影ばかりせずに料理や演出も楽しむ

披露宴の撮影ばかりに気をとられると、せっかくの料理や演出を楽しむことができません。

自分しか撮影する人間がいないなら仕方ありませんが、カメラマンがいる場合は無理に撮影しなくても良いと思います。

披露宴で流すムービーは無理に撮影しなくて良い

たまに披露宴中で上映されているムービーを頑張って撮影しているゲストがいますが、大抵のムービーは新郎新婦は後日見ることができます。

できたら、ムービーをしっかり見た方が楽しめると思います。

まとめ

今回は、結婚式でのカメラ撮影注意点についてお話しました。

・挙式では禁止事項が多いのでスタッフの説明を聞いておくこと
・挙式の進行は想像以上に早いので注意
・披露宴では近くまで行って撮影すると良い
・撮影時には周りのスタッフやゲストに注意する
・撮影ばかりでなく披露宴自体を楽しむ

結婚式を楽しみながら、良い撮影ができると良いですね。