結婚式でのメイクシーンのビデオ撮影テクニック

こんにちは。かえるです。

結婚式での撮影はメイクシーンから撮影することになると思います。花嫁の姿を作り上げていくメイクシーンは結婚式1日の中でも大切な場面ですね。今回はそんなメイクシーンのビデオ撮影テクニックについてお話をします。

メイクシーンを友人として撮影するには?

結婚式場によってはメイク室が新郎新婦以外立入禁止の時もあります。

結婚式当日までにお部屋に入り撮影することができるかの確認しましょう。

メイクアップの時間を確認することも大切です。

メイクシーンの撮影はメイクを始めるところから撮影を開始するのかメイクがある程度完成してから撮影をするのかを新郎新婦に確認しておきましょう。メイクを始めるところから撮影する時は新婦はまだすっぴんですので、あまりアップで撮影するのは控えましょう。そしてドレスを着替える際は必ずメイク室外で待機するようにしましょう。改めてドレスを着てからメイク室に入るようにしましょう。
またメイクアップの時間と出席者受付の時間が同じカテゴリであることが多いので、その場合はどちらの撮影を優先するか確認しておく必要があります。

メイクシーン撮影のコツ

メイク室はそこまで広くないお部屋が多いです。

その為に何を重点的に撮るかを考えておく必要があります。
まず撮っておきたいのは小物やネイル等です。

小物撮影のコツとしてフィックスの画で3〜10秒程撮影をします。

 

ネイルもこの後の進行によってはグローブをすることがあるので、必ずここで撮影しておきましょう。

新郎新婦の挙式前の表情も取っておくと良いと思います。
友人でしたら声をかけながらカメラを回すとより二人の気持ちが上手く撮影できるでしょう。

可能なら実際メイクをしているところを撮影すると良いです。

ただドレスを着終わった時は大抵メイク自体は終わっていることが多いです。
時間があればメイク担当の方にリップをやってもらうフリをしてもらうのも良いかもしれません。

 

挙式までの時間をしっかり把握しているようだったら会場に向かう新郎新婦を撮影すると流れが分かりやすくなると思います。

撮影以外でやっておいた方が良いこともあります。実際挙式が始まると中々新郎新婦とじっくり話をする時間がないです。何か確認事項があったらメイク室でお話しておくことをオススメします。

まとめ

今回は挙式直前のメイク室でのビデオ撮影のお話をしました。

・メイク室は会場によっては入れないこともあるので、事前に確認が必要
・ドレス着替え中は部屋から出ておくこと
・メイクシーンの時間帯に受付をやることが多いのでどちらを優先的に撮影するのか新郎新婦に確認しておく
・ここでしか撮れない小物の撮影を忘れないように
・声をかけながら撮影すると臨場感が出る
・メイクシーンの時間帯にその他の確認をしておくと良い

始まる直前の緊張感や、出来上がったばかりのお二人の様子等、上手く撮影できると良いですね。

かえる